PROFILE
Sozo Yamamoto

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
SEARCH THIS SITE.
OTHERS
MOBILE
qrcode
<< 転換事多き卯月 | main | 確固たる主軸の水無月 >>
原点回帰の皐月
先月黄金週間の5月3日(土)はといえば、
【ENSEMBLE@GALLERY&BAR COCOON】

(ENSEMBLE)

なるほど今回は会場のコクーン主催のイベントだけありまして、
ブッキングされた出演者の殆どが初共演の方々ばかりでした。

自身は個人名義のDJ出演とDizzy Odd Guysで出演。
DJでは2回プレイの出演となっていまして、
1回目はダンサブルなジャジーな楽曲メインでプレイ。
うん、お客さんの反応がすこぶる良好でしたね!


(1プレイ目はお客さん手元ばかり凝視してました。。)

その後2名程、DJが入れ替わりそれからDOGのセッションライブ。
こちらも真剣に見て、そして聞いて感じてくれた方が多かったです。
うん、今回感じましたが今後のDizzy Odd Guysの課題は…
もっとフロアと一体となって盛上がるようにライブですね。
ダンス・ダンス・ダンスさせるライブをこれから目指していきます!


(Dizzy Odd Guysにてのトラックプレイ)


(Naokickのアップライトベースプレイ)

でもって深い時間というよりも…朝方から2回目のDJ。
皆さんお酒も入り、且つ外人のお客さんも大勢だったりと。
パーティーも絶頂となってからの切り替えでしたので、
更に盛り上げるべくRockセットでプレイしました!
あるいはロックをプレイするにしてもですね…
自身はカットインやブッ込み系は一切しません。
ロックにおいてでも、ディープハウスのDJばりに
ロングミックスするプレイスタイルで決行しますから!ははは
という事で盛りに盛りに盛り上げてイベントを終えました。

今回、新鮮な雰囲気でイベントを楽しめましたので、
次回も是非コクーンにアンサンブル企画して欲しいですね!


(何気にDIZZY TIMEの宣伝パート1)


(何気にDIZZY TIMEの宣伝パート2)


そして翌日の5月4日(日)は、
アパレルブランドRUDE GALLERY主催
【Cookin’@下北沢メンフィス兄弟。】


(Cookin’)

自身、Cookin’の出演は久しぶりとなりました!
なるほど流石はアパレルブランドのイベントだけあって、
うん、実に格好良い不良の大人達が集っていました!!


(RUDE GALLERYのアイテム)

今までこのイベントに出演した時の選曲は、
決まって生音系ジャズでプレイしていましたが、
若干フロアの盛上がりが足りない気がしていましたので…
今回は路線を少し変えて4つ打ち系ジャズでまとめました。
それが功を奏したのか、静かだったフロアでは
不良達がダンスダンスダンスしてくれました。
予想よりも盛上がって…気持ちが良かったですね!

次回のCookin’に出演する事になりましたら
この方向性でプレイしようと思ってます。
(因みに別件のオファー頂きました!へへへ)


(またまたフォーマルなスタイルにてDJ)


そして5月のDJは黄金週間のみの出演に抑えました。
何故ならば、5月はDJ以外の音楽活動を主体にと考え、
他の作業に時間を当てるつもりで予定を立てていました!

さて、自宅での音楽活動の主体はDTMにての音楽制作。
そしてそのDTMにおいての制作の過程の話なんですが…
今まではドラムのリズムやドラムのパターンといえば、
シンセサイザーの鍵盤やマウスで打ち込んでいました。
が…如何せんそれではその作業に多くの時間を費やされ、
他の制作行程に進むのに時間がかかってしまっていました。。
それを改善しようと…5月から新たな機材を導入しました!
でもってこれが導入した機材です!!


(KORG pad KONTORL)

このKORG pad KONTORLという機材は簡単にいうと…
ヒップホップアーティストがビートを創る際に使う機材ですが、
実はバンド楽曲やトラック制作に関しても凄く使える機材です。
導入して以来、今までの作業がより効率的になりましたね!


(作業用PC机は所狭し感満載となりました)

と…こんな感じでPCの制作過程は変化しましたが、
何もDTMのみの音楽活動をしてる訳ではなかったですよ。
というのは…はい、バンド活動も今月から再開です。
長らくお待たせしましたね!!
THE SCRAP CREATOR再始動に向けて準備してます。
満を持してとはこういう事を指すのでしょうね!ははは

その再始動の前に時間をかけギターをメンテナンスしました。
うん、このブログにも久しぶりの登場と相成りますね!
はい紹介します、1959年製のGRETSCH。
言わずもがなこのギターはオレの宝物なんです!ははは


(1959年製のヴィンテージのグレッチ)

という事で、久しぶりに我が住居のプチ・スタジオではなく、
以前からバンド活動で使用していたスタジオにてリハーサル!
独白となりますが…自身は耳の手術をして以来、
ギターをアンプに通して爆音で演奏するのはコレが初でした。
というのには理由がありまして。。
実は耳が完治するまで爆音は控える様にと医師に言われてました。。
そしてやっとその耳も完治し、主治医からの許可が降りたので…
今回、晴れてスタジオ入りとなりました!!

ともあれ…やっぱり気持ちが良いですね、爆音演奏は。
何より驚いたのは…完治した耳で聞く自身のギターの音質。
細かく言うと…スタジオ入りするのは3年ぶりですが、
完全な耳の状態でギターの音を聞くのは7.8年ぶり。。
その第一の感想と言うのでしょうか?それは
[この音でTSCのギターサウンドとして主張していたのか?]
という…ある意味、驚愕にも似た感情でしたね。。

年数経過によって好みの音が変化するのは当たり前ですが、
それとは少し違う意味合いでの違和感がありました!
という事で、今回は楽曲演奏のリハーサルと言うよりも、
再度、音色造りの為のスタジオ入りとなりました!
大半は色んなツマミの微調整をする時間となりましたが…
それでもやはり気兼ねなく爆音として空気を揺らし、
且つ大声で歌うのは本当に気持ち良かったです!
DJはDJとしての大きな楽しみがあるわけですが、
やはり楽器を生で演奏をするのは格別ですね。
うん、久しぶりに味わえた最高の時間でした!


(久しぶりにギターをかき鳴らして歌いました)


勿論、音楽活動のみに費やした月ではないですよ。
今年は気持ちのオンとオフの時間を創るつもりですし!
という事で、ブラリと横浜に遊びに行ってきました。
横浜に何回か行った事がありますが…用事のみの遠征が常。
いつも町並みなど楽しむ事が出来ませんでした。。
恥ずかしながら…中華街にも行った事が無い始末でして。。
という事で、デビューしてきましたよ、横浜中華街!!


(横浜中華街)

でもって横浜と言えば…港と船ですね!

(めちゃくちゃカッコイイ大きな船)

黒く塗られたクールな形状!
何かしら船というものは男を引きつける魅力がありますね!

そして極めつけはやはり赤レンガ倉庫。
ずっと行ってみたかったんですよ、赤レンガ倉庫。


(赤レンガ倉庫)

うん、100年前の倉庫は実にカッコイイですね。
次回は空気が澄みだす秋口に行き、
ライトアップされた赤レンガ倉庫を撮影してみたいです
横浜散策、それはそれはとても楽しい時間でした!


(駅に向かう途中に見つけた観覧車)


さて、今週6月7日の土曜日はと言えば…
【SPACE DIZZY TIME@渋谷RUBY ROOM】


(SPACE DIZZY TIMEのフライヤー表)


(SPACE DIZZY TIMEのフライヤー裏)

今回もオリジナル性溢れるDJさんが勢揃いしました。
そしてそして特筆すべきはですね…
会場の一角にフードコーナを入れての開催!!
そのフードを提供する人物は自身の高校の同級生で、
東麻布[かんてら]の総料理長を務める大の親友!

普段関わる事がないジャンルの親友と、
こうやって同じ空間で共存するというのは…
うん、なんとも嬉しい事柄ですね!
という事で今回のSPACE DIZZY TIMEは
音楽にお酒に料理と…至れり尽くせりですから、
是が非とも足を運んで下さいね。
会場にてお待ちしています!!


(フライヤー・フライヤー・フライヤー)


[PS]
とあるゴミ捨ての日に雨が降っていました。
幸いな事にその時間帯も深い夜中だったので、
道に出来た水溜まりに入りながら歩いてみました!
[ピチピチチャプチャプランランラン]
あるいは小学生時分以来かもしれませんが…
うん、当時はしゃいで遊んだ事を思い出しました!
大人になってからのピチチャプランは意外と楽しいですよ!
と言うより…大人が夜中に水たまりではしゃいでる姿…
端から見れば…完全に気狂いのそれでしょうね!ははは


(ピチチャプランする足元)


JUGEMテーマ:音楽
| 音楽 | 04:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sozoism.jugem.jp/trackback/319
トラックバック

sozo_tscをフォローしましょう Tweet