PROFILE
Sozo Yamamoto

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
SEARCH THIS SITE.
OTHERS
MOBILE
qrcode
<< 確固たる主軸の水無月 | main | 変調を担う葉月 >>
邁進する文月
先月7月5日は【SHUFFLE DIZZY TIME】@渋谷COCOONでした。
COCOONの1周年という事で7月は毎日イベント開催されており、
その第1土曜日という…光栄な日に開催させて頂きました。


(SHUFFLE DIZZY TIME)

なるほど流石は眠らない若者の街、渋谷だけありまして…
パーティーのスタートからラストまで入れ替わり立ち代わり、
オーディエンスの渦渦渦でして…大いに盛上がりましたね!!

(雨降らしカルテッドの葛西君とピアニスト)

自身はDJそしてDIZZY ODD GUYとしても出演するので、
今回はその2つのメリハリをつけようと考えていました。
はい、DOGの方はジャジートラック中心のプレイですので、
DJの方は初の試みですね…ドラムンベースでプレイしました!

普段、楽曲を掘るにあたってはジャズを主軸にしていますが…
自己解釈でジャズのエッセンスを感じる他のジャンルの楽曲も、
試聴したりチェックしたり、気に入れば購入をしています!
気が付けばそれら番外編でも1プレイが出来るまで収集したので…
初の試みとしてジャジーなドラムンベースでDJしてみました。
あらまぁ、それは予想以上になんとも盛上がりました!!
これらの選曲は大箱でのプレイにマッチするやもしれません。
幸いな事にこの形で選曲する方は自身の知ってる中ではいないので、
先々、手応えを見ながら徐々に選曲枠に取り入れて行こうなと。。
ともすると…このジャンルでの確立が出来るかもしれません!

そんなこんなで盛りに盛上がった一夜となりました。
COCOON、1周年おめでとうございました!


(いつぞやのコクーンにてDJハカセジャズオとパシャリ)


そして…いやはや長らくお待たせしました、、
The Scrap Creatorの完全復活に向けて発動しました。
そしてとうとう7月からTSCリハーサルの開始です!
という事で普段使用する住居兼プチ・スタジオではなく、
今回はバンドとして爆音が出せるスタジオでのリハーサル。
いやはやなんとも限度無く音を出せるのは気持ち良いですね!
リハでは主に中期TSCの持ち曲を確認・改良しながらの演奏。
演奏の感覚が空いたせいかあるいは年を重ねたせいなのか…
何故か勢いの演奏だけでは無い余裕が心にあるような感覚でした。
うん、哀愁というより…いぶし銀的要素が加わった気がしました!

でもって発表しますが何曲の演奏するかまだ未定なのですが…
年内にはTSCの復活ライブをしたいと思って調整しています!
日にちや場所が決まり次第ブログでも発表しますので、
皆さん、首を長くして待っていて下さいね!ははは


(毎回のリハ終わりのギターメンテナンス)


さて、個人の音楽活動においても少し変化がありました!
それはですね…実は音楽スクールに通い出したんです!
スクールと言っても、月から金と毎日通うものではなく…
自身で予定を組み1週間に1.2回程通うスクールです。

気になる専攻はというと…DTM[desk top music]。
つまりはPCで音楽制作をする行程の勉強です。
勿論、今までもPCと電子楽器をMIDIなどで接続して、
楽曲制作をしていましたし…DJのREC等もしていました。
が…所詮は独学で学んで来た幅が狭い知識でしたから、
制作している際に次から次へと壁に当たってきました。。
昨今リアルタイムに変化する音楽シーンについて行くには、
如何せん、独学の知識で対応するのは限界を感じていましたし、
将来を見据えると更に知識を身につける必要がありまして…
そんな事を考慮して心機一転、学び舎に通う事を決めました!
プロミュージシャンが更なる上達の為に新たに音大に通う、
格闘家が更に強くなる為に新たに異種格闘技道場に通う、
言うなれば…まぁそんな所でしょうかね?ははは


(スクールで習った事の復習風景)

ともあれ何をするにも基礎知識をまず覚える事が大事ですね!
今までの制作手順はなんとも遠回りしてた事が肌で感じました。。
嬉しい事に基礎知識習得と同時に、現在取り組んでいる創作物の、
助言もリアルタイムに頂けるのでそのまま制作に反映します。
年齢関係なく勉強したい時に勉強するのが1番身に付きますし、
そして何より…知らない事を習得していく事自体、楽しいですね!

これから何ヶ月、何年とスクールに通うか決めてはいませんが…
自身が納得出来るスキルを習得するまで籍を置くつもりでいます!
という事で、従来の作業工程はこれからも変わらず行いますので
引き続きBlend Dizzy Recordsをご贔屓お願いします!ははは


(制作依頼が来たときの作業風景[コチラはAbletonにて])


7月26日は【Classic Blend Hall Phase.7】
毎回、季節柄を色付けして開催するこのCBH、
今回は[Summer Program]として開催しました!

(Classic Blend Hall Phase.7)

そして時間も18時から0時と夕暮れから宵までとあって、
人間の心情的な変化が起こる魅惑的な時間帯。
そして開催場所であるピアノカフェがある通りでは
この日お祭りがあり歩行者天国になってましたね!


(歩行者天国のお祭り風景)

今回のプログラムはピアノ演奏とセッションライブとDJ、
そしてお酒と会話とダンスとあらゆる情熱。。
心身揺さぶる暑い厚い熱い思いと共に開催されました!


(DIZZY ODD GUYS)

いやはやオーガナイズする自身が言うのもなんですが、
このCBHは独特の雰囲気があるイベントと自負してます。
音楽好きなら年齢関係なく遊びに来れるパーティーですし、
世代が明らかに違う方達が違和感無く交流を持てる空間。
クラブに通う年齢層とコンサートに通う年齢層の混合です。
と言う事で…20,30,40,50,60,70代の方が遊びに来ます!
1回2回の開催ならともかく安定の動員数で定期的開催出来る、
なかなかどうしてこの形での音楽交流は珍しいかと思います!


(CBHの風景1)


(CBHの風景2)


(父親の伴奏に合わせて母親がシャンソンを歌ってます)

あくまで自身の音楽の発信拠点は首都東京ではありますが、
このように地元でも音楽発信が出来てる事を嬉しく思います。
音楽で人と人が繋がり、そして一緒に音を共有し合える時間。
それらの場を楽しみしてくれる方へのお手伝いが出来てる事、
その気持ちがあるからこそ足繁く地元帰省する意味合いが持て、
このようにイベントをオーガナイズ出来ていると感じています!

次回のCBHは年末か年始に開催予定として進めていますので
是非とも次回も遊びに来て肌で現場の空気を感じて下さいね!


(ピアノカフェの外窓に描かれている絵)


さてさて、今週の8月16日の土曜日はといえば…
YoshiとTsuyoshi率いるRide Crewのパーティー、
【 Ride&Play 8th ANNIVERSARY 】
開催場所は静岡は藤枝CAFE&BAR512ですよ!

(Ride&Play 8th ANNIVERSARYの表)


(Ride&Play 8th ANNIVERSARYの裏)

今回、幸いな事に自身はゲストDJとして出演します。
テーマは「元気」という事で、レッドブル的でしょうね!
DanceありVJありDJありのUPなPartyですので、
是非とも皆さん、一緒に楽しみましょうね!!


そして8月30日の土曜日はといえば…
ファッションブランドRude Gallery主催イベント、
【COOKI`NFor Boozers only】@下北沢メンフィス兄弟。

http://www.rude-gallery.com
(Rude GalleryのWEB)


(COOKI`N For Boozers only)

コチラはレジデントDJとしての出演させて貰います!
クールなDJとオーディエンスが集うパーティーですので。
ちょっとお洒落して遊びに来てくれたら幸いですね。
ジャズを中心にプレイにするので楽しみにしていて下さいね!


http://sozoyamamoto.tumblr.com
(全てのイベント詳細はコチラで確認をば)


【PS】
7月は音楽制作に打ち込んだ月となりましたが…
その合間を縫って読書にも時間をあてていました。
その甲斐あってか…いやはや全く読み進まなかった
ドストエフスキー【カラマーゾフの兄弟】を
やっと読み終える事が出来ました。。

(カラマーゾフの兄弟の下)

あまりに淡々としていて進展がない小説なので、
事ある毎に他の色々な小説を浮気読みしてしまい…
結局年月にして上中下を読破するのに1年5ヶ月。。
我が人生で1番読み進まなかった小説ですね。。
でもって次に読み始めた宮本輝の[流転の海]シリーズ…
こちらは1冊を2日で読み終える程に楽しかったです!ははは
はい、今年からまた活字に触れていこうと思ってます!
 

(本棚に置かれた読み終えた小説)


JUGEMテーマ:音楽
| 音楽 | 03:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sozoism.jugem.jp/trackback/321
トラックバック

sozo_tscをフォローしましょう Tweet